前回の記事で焦っている女は比較的落としやすい胸の言葉を述べたが
とはいっても相手は女である。
こちらが下心丸出して、さもメールを出したが当夜にはセックスの運びを期待するといった
様相をていしているのならおそらくそんな男には見向きもしないであろう。

焦った女に相対するには焦らずの心持で挑むことである。
こちらがメールを送れば、ほとんどの焦燥に憑かれた女はたいがいにしてメールを送り返してくる。
そこで例えば上に挙げたような下心満載の分を送付したとなればもうその関係はご破綻である。
おそらくメールは帰ってこないであろう。
だが、焦らず、紳士的な態度で趣味は何ですか?どういった仕事をなされているのですか?といった
たわいもない会話を繰り出すことで、ああこの人は決して下心で私にメールを送ってきているわけではないのだなと
思わせ、関係性を継続することが出来るのである。

とはいってずっとそんなたわいもない会話を継続したところで、進展はないわけですから、ある程度熟してきたところで
会いませんか?の一撃を放たなければならぬ。
ずっとつかずはなれずの様相であれば女は飽きて他の男の元に走り去ってしまうことであろう。
タイミングを見計らって、決して下心を見せず、ドライな感じでさりげなく誘いの言葉を相手に投げかけてみてください。
きっと女はあなにイエスの返事を返してきてくれることであろう。