家出している女性が行き詰ったときに「チャットサイト」を利用するケースがあります。
メールだと無駄な時間が出てしまうため「すぐに救ってください」と救いを求めてもいつ連絡が来るか分からないからです。
そこで進行形でやり取りができるチャットを利用して「今すぐ助けて欲しいの」と助けを求めます。

前にチャットで見かけた女の子は、兵庫にすんでいる20代前半の女の子でした。
助けて欲しい内容は「ここのネットカフェの料金を払うとお金が無くなっちゃう。誰かお金を貸してくれませんか」というものでした。
近畿に住んでいる何人かの男性が、彼女の相談に乗っていました。
その中で、会いにいける男性だけが最後に残り、その女の子の相談に乗っていました。
女の子の条件は「あってお金を借りて借用書を作りたい。エッチをするのはNG」というものでした。
男性は「お金を貸してもいいけど…」と意味深な態度で女性と話し「ひとまず会おうか」と言います。
女性がもう一度「お金を貸していただけると助かります。でもエッチだけはNGです」と断言すると、男性はチャットルームを退室していきました。
その女の子は午前中から夕方まで、救ってくれる人を待っていました。
けれど、住んでる場所等の難点があり、救ってくれる男性と知り合うことができず、気が付いたらチャットからいなくなっていました。

いろんなチャットルームでは「家出中の女性、お話聞きます」「セフレ募集中~」などのメッセージを掲げてる個人ルームもたくさんあります。
上に書いたような男性は、泊まるところやご飯を世話する変わりに、エッチなことをしたいと思っているようです。