10代20代の家出女性の大半が、携帯やネットカフェのパソコンからネットに繋いで、お金を助けてもらったり、ご飯や寝る場所を提供してもらおうとするようです。
家出女性からの援助希望は、掲示板や出会い系サイト、家出系サイトに書き込みされています。
近頃ですと、ブログやフェイスブックツイッターやミクシィまでも「家出しているので助けて下さい」といった内容が掲示されています。

家出している女性に、寝る場所やご飯の提供、金銭面の援助をする人を「神」と呼称するので、助けてくれる人を待っていることを「神待ち」と称します。
このような「神待ち」女性に、「僕のうちに泊まらない?」などと言うのが応じる男性の一般的な行動です。
女性が希望している「金銭を援助して欲しい」というものには、あまり反応を示さないようです。
ですが、金銭を言い訳にして「まず会ってから話そう」と言って、強引に会おうとする男の人が大勢います。

このような行動を「神待ち」女性に対して行ってしまうと、下手をすれば「援助交際」や「拉致」などの犯罪に関わってしまうこともあるでしょう。
ですから、自分が思っている以上に気をつけなければなりません。

相手が10台であれば、なおさら、関わりを持つことは気をつけなくてはいけません。

また、少数ではありますが、振り込め詐欺のように、お金を振り込ませるためだけの、偽「神待ち」が存在しますので注意が必要です。