家出している女性と係わり合いになる時、相手が10代であればすごく気をつけなくてはいけません。
去年も家で女性と係わり合いを持ついろいろな事件が勃発しています。
では少し書いてみましょう。

■家出中学生3人を拉致監禁
家出サイトで出会った千葉県の中学3年生を拉致監禁したとして東京都の会社員(42)が逮捕に至っています。

■家出中学生半年かくまって逮捕
家出サイトで出会った埼玉県の中学1年生を、約半年間自宅アパートに連れ込んだとして、飲食店店員(27)が件青少年育成条例違反で逮捕に至っています。

■家出少女に援助交際
家出サイトで出会った16歳無職の少女に現金2万円を渡し、わいせつな行為をしたとして、大阪府中学校教諭(53)が逮捕に至っています。

■家出少女の人身売買
携帯電話の自己紹介サイトで、家出中の福岡県の女子中高生4人が暴力団組員と関わりを持つ。
そして、キャバクラの従業員として沖縄で働いていたというものです。

上記のように、家出中の女の子は捜索願が出されているので、警察が捜索しているケースが非常にたくさんあります。
関わり方によって、かけられなくてもいい疑いがかけられることもあるので、関わり合いを持つときはよく注意してください。
しかも少女が家出中の10代と分かっていて、自分の部屋にかくまうだけでも「青少年保護育成条例違反」になりうるケースもあるので気をつけてください。