女子中学生が家出をするときは、計画的に事を運んでるケース以外は、お金が無い子が大半を占めます。
ですからとりあえず、親戚の家や友達の家に行って、これからどうするかを考える女の子が多数です。
行った先でお金が手に入れば、ネットカフェ等へ行くのがよくある行動のひとつになります。
または携帯を持っている女の子は、携帯を使って話を聞いてくれそうな人を見つけるのもよくある行動の一つになるようです。
ただし、お金がたくさんあるわけではないので宿泊するようなことは無いようです。
そして、野宿することも無理なので、中学生の家出の大半は、1・2日で家に戻る「プチ家出」になる場合が多いようです。

高校生の女の子の場合、学生や社会人とのつながりを持っているか、友人の紹介でパイプを見つけ、これからどうすればよいか話を聞いてもらったりします。
そして、バイトをしていたりすると、家出資金は中学生よりも多く確保できるため、ネットカフェ等に泊まるなどして、割かし長い間家出をし続けることができるようです。

10代後半から20代前半の女性の場合、ネットカフェや携帯電話を使って、家出を続けるためのパイプを、自ら見つけることが多いみたいです。

20代半ば以降の女性は、お金の心配が少なくなるため(貯金がある等)、ネットカフェやビジネスホテルに泊まり、かなり長い間家出を続けることができます。

どの世代にも言えることなのですが、お金に困っていたり寝る場所を探す等、ネットを使って相談に乗ってくれる相手を探すという行動に出ることが多いようです。