家出している女性が、すぐさま助けが必要なときに利用するのが、チャットサイトです。
どうしてかと言うとチャットならば進行形で相手とやり取りできるため、問題解決を急ぐには、時間差のあるメールよりも有効だからです。

チャットサイトには「レンタルルーム機能」を設置しているサイトがあります。
レンタルルーム機能を備えているサイトは、部屋主が好きなように「メッセージ」を書くことができます。
「家出して困っている女性はお話聞きます」などのメッセージを見かけることがあります。
逆に、家出をしてしまった女性が「家出中で困ってます。相談に乗ってください」など助けを求めるメッセージを書いている場合もあります。
ただし、日本中のいろんなところから人が来ているので、もし家出女性がいたとして「会える距離にいる」とは限らないのです。
そこで、家出女性からメッセージが出されている部屋を覗いてみると、いろいろな男性が出入りして「どこにいるの?」と質問して、自分の地域から行くことができないようなら退室するというようなことが行われています。
中には本心から相談に乗りたくてアドバイスしたいだけの男性もいます。
しかし、大半の家出女性の願いは「寝る場所の確保」「食事の世話」であるため、アドバイスは無意味になることが多いです。
そして会うことのできる地域の男性が来ると、会う約束をします。

ただ、例えそこが18歳未満禁止のチャットサイトでも、未成年の女性は歳をごまかして利用します。
最悪のケースは、年齢詐称している相手が貴方に近づいてくることです。
未成年者とやり取りするときは気をつけてください。