「神待ち」をしている女性は、大変な状況にあるためか、とてつもないことをしでかすこともあります。
例えばこんなことがあったのです。

ある掲示板に「神待ち」メッセージを書き込んでいる女の子がいて、その子に連絡を取り携帯でメール交換をし始めました。
ひとまず出会って、これからのことを話し合おうとなったのです。
そしたら女の子は「朝からネカフェにいたので、清算しなきゃいけない。会うところに行くまでの電車代含めて5000円振り込んで」などと言ってきたのです。
そこで、「じゃあ俺がそこに行って清算するよ」と言ったら「今すぐ出なきゃいけないの」と言われ、言われた通りに口座に振り込みをしたそうです。
振り込んだ後は、女の子と連絡が取れなくなってしまったそうです。
俗に言う振り込め詐欺、というものだったみたいですね。

また、ラブホに一緒に行ったら、シャワーを浴びている時に財布からお金が抜き取られていたなんてこともあります。
お金に困っている「神待ち」と出会うなら、いろいろと注意がいるようです。
また20代女性は、男性グループと関わりがあって、落ち合う場所に行ったら数人に囲まれて脅迫されたということもあります。
上に書いたように、「神待ち女性」を助けようとした男性が、実際は騙されたと言うことも多々あるのです。

男性を騙そうとする女性の特徴は、メールのやり取りが始まると「今すぐ会いたい」と急がせることです。
いくら「神待ち」といっても、一般的な女性は会うことに注意深くなり、相手が信頼できる人かどうか確認するはずです。
そういうわけで、すぐさま「会おう」と急かす女性は、悪いことを考えている場合もあるので、「セックスできる!」と喜ばず、一呼吸置くのが大切です。