家出中の女性でネットなどを利用して神待ちするのは、10代から20代がメインです。
30代以上で家出している女性はほとんど、ネットで神待ちしたりしません。
10代の家出少女はお金が出ていくのを少しでも防ぐため、携帯サイトをメインに神待ちをする子が多いです。
20代になるとネカフェも使うので、パソコンのサイトでも「神待ちメッセージ」を目にすることがあります。

貴方が神待ち女性と出会いたいと思っているのであれば、ひとまず携帯サイトのほうを使ってみることをお勧めします。
ただ、携帯サイトの場合、10代が多いため連絡をとるには気をつけなければなりません。
女の子が成人していない場合、「家に戻ったほうが良い」などの助言だけにしておいて、下手に触れるのは止めましょう。
10代の子が家出をしてお金に困り、風俗を始めたのはいいが、仕事がいやになり店から逃げ出してるといったパターンもあるのです。
未成年は世の中をあまり分かっておらず、様々ないざこざも一緒についてくることもあるのです。
20代の女性なら、お互いにこうして欲しいという条件交換をして納得した上で助けてあげるといいと思います。

一つ注意させてもらうとしたら、援助交際は売春という犯罪になるためしてはいけません。
また、ラブホに一緒に行って、貴方がシャワーを浴びている最中に財布からお金を抜かれたといった被害も報告されています。
家出をして心から困ってる女性は、どんなことでもしてしまうという危険が付いて回るのを覚悟してください。
「神待ち女性なら、すぐにいやらしいことができる」などと軽率な理由で手を出すと、思いがけないいざこざに関わらなければならなくなるかもしれないのです。